愛車に長く乗り続けるコツは「暖気運転で車をウォーミングアップ」

大事な車を長く乗り続けるという事。それは一見難しそうに聞こえますが、ほんの小さな積み重ねと、それを継続的に行う事が大切です。
私が実践している事を2つ紹介させていただきます。

まず一つ目ですが、毎日乗る前に3分程度の暖気運転を行う事です。気にしない人は一切気にしないこの行為が、愛車を長く乗り続けるという点ではとても大事だと思っています。まず暖気運転とは「冷えているエンジンをウォーミングアップさせる」という目的で行われます。寒冷地にお住いの方は冬季に車内を温める為に何気なくやっていると思いますが、これは冬季に限った事ではありません。車買取は大分
「冷えているエンジンをウォーミングアップさせる」とは、人間に例えると「マラソンをする前に準備体操をして体をほぐす」という事と同じです。準備運動せずにいきなり全力疾走したらどうなると思いますか?体がほぐれていないので足をひねったり、体が温まっていないので心臓に負荷がかかって倒れてしまうかもしれませんよね。それと同じで、車のエンジンをかけてすぐに走りだす行為は、エンジンに負担がかかってしまい、長い目で見ると車の寿命を縮めてしまいます。特にターボ車等は、タービンが壊れる可能性がグッと上がります。
面倒くさいかもしれませんが、乗る都度短時間でも暖気運転をすれば大切な愛車は持ち主の想いに応え、長く元気に走ってくれる。私はそう確信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です