僕は遠路を駆けるときには燃費を意識

亭主に言われて、僕は遠路を駆けるときには燃費を意思にしながら運転するように心がけています。

(車成分言い方)は日産のラフェスタです。燃費のいい車ではありません。7他人上りなので仕方がないのかもしれませんが、多少なりともよろしい走りができるように、心がけています。

亭主から言われたことは、急旅立ちや急邪魔は燃費を悪化させる原因になるということです。事故のもとにもなるので、普段からできるだけ使わないようにしています。

のんびりアクセルを踏み込んで走り出します。駆ける前には周りの無事故を念入りに確認します。焦らない仕方、時間に余分を見て出発することで、思い切り燃費が改善されます。

サインの少ない、トランスポート容量の少ない縁側を何隔たりも駆け続けて、週に一度は亭主の実家に介護に通っています。この時に、オペに気を付けています。

邪魔をできるだけ踏まなくてもいいように、坂道の歩みの姿勢にも時速のメーターを気にしています。アクセルの踏み様相、邪魔をあんまり踏まなくても次のサインで止まれるように、考えながら運転しています。
135881
高速では、ずっと走り回り続けているので燃費がいいです。多少なりとも燃費を改善できるように気を付けて運転しているという、オペも上達してきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です