七つ道具だ

我家がウォーターサーバーによるようになってから7階級が経ちました。今、小1の長男の乳房を始めるために、野生水で安心して飲ませられるやり方、そうしていつでも人懐っこいお湯が出ることが私の気掛かりも軽くなりいいと思っていました。乳房を設けるには、お湯といったお水との結合でいつでもアッという間に作れて助かりました。
そんな長男の前進とともに利用しているウォーターサーバーですが春夏秋冬、朝方昼間夜という一体全体助かっています。我家では、ウォターサーバーをリビングダイニングに設置していらっしゃる。ウォーターサーバーの隣席に紅茶に緑茶、インスタントコーヒー、ココアにカップスープの家庭それぞれがその時に飲みたいものを自分で焼き上げるような隅っこを作りました。それまでは、朝方起きて「何飲み込む?」「温かいの?白々しいの?」と聞いていたのですが、その手間も省けて私も気掛かりがまたまた早くなっています。急性来客にもアッという間にお茶を出せますし、ウォーターサーバーの隣席にペーパーコップホルダーを置き、薬を呑むときのお水にも助かっています。
家庭6人間、今では、なくてわならない七つ道具だ!!これからも私の気掛かりを軽くして得るウォーターサーバーに謝意をしながら面白く生きていきたいだ。有難うウォーターサーバー。