しばしば若白髪だねと言われていました

自身は幼い頃からたまに白髪があり、それほど若白髪だねと言われていました。
それはザクザク増えて赴き、20代中頃にはこめかみ位の白髪が随分増えてきました。でも美貌師様からは、依然それほど目立たないから大丈夫って、白髪染めではなく普通のカラーリングを求められ使用していました。そうして、区分けのみえるサロンの白髪はその都度根元から切ってもらい対処していました。
美貌師様に、白髪は抜くと一層増えてしまうから絶対に抜かないでねと言われていたので、家で際立つ白髪を見つけた時も追い抜くのではなく、根元から下回るようにしていました。
ポイントとして、マジックで塗るという術も教えてもらいましたが、それは1度もしませんでした。
30年近くになり、こめかみ位や区分けの白髪が再度増えてしまい、30歳を過ぎたままついに白髪染めをすることにしました。
それまで髪の色調をちょっと明るくしていたので、白髪染めで黒くなることが心配でしたが、白髪染めの取り分け一番うれしい色調で染めてもらいました。思ったより楽しい色調に染められていらっしゃる。
染めてから日にちがたち伸びてくるって、根元の白髪が気になるようになってしまうので、定期的に染めないといけませんが、白髪があるだけで相当老けて見えてしまうので、白髪染めとしてよかったとしていらっしゃる。